So-net無料ブログ作成
検索選択
観光【山口】 ブログトップ

2013年1月 下関・唐戸市場 [観光【山口】]

古いネタになりますが・・・←いつもやん[たらーっ(汗)]

関門海峡をエイっと渡って、山口県は下関に行った時のお話。

DSC01400.JPG

唐戸市場は下関の台所

DSC01425.JPG

トロ箱と見比べてみるとわかると思いますが、こんな大きな鮑は見たことがありません[exclamation]

DSC01403re.jpg

タラバもデッカイ。

DSC01404re.jpg

下関といえば、ふく刺しは外せませんネエ~

トラフグ刺しが二皿で1500円は安い[ひらめき]

DSC01406.JPG

もちろん、ふくちり用も白子も・・・たまりませんなぁ~

DSC01411.JPG

 

普段は市場として活気があるところですが、金・土・日祝日は市場の一部を「馬関街」として解放し飲食イベントが行われます。

新鮮なお魚がお寿司のネタに早変わり[るんるん]

DSC01415.JPG

DSC01416.JPG

DSC01417.JPG

DSC01418.JPG

DSC01419.JPG

オジサンのチョイスはこちら[ぴかぴか(新しい)]

奥の白身はトラフグのにぎりで、ちょっと歯ごたえがあって食感が良かった。

DSC01414.JPG

連れのチョイス・・・

DSC01424.JPG

その他、蟹の爪やふくの唐揚げなどをいただいて、さらにお寿司の追加までいただいて大満足[わーい(嬉しい顔)]

DSC01427.JPG

 

買い物は、熱燗にバッチリのふくヒレ・・・軽くあぶって入れると最高のヒレ酒になります。お金を払ってビニール袋に時には、大サービスでかなり多めに入れてくれましたよ・・・こんなんオジサン嬉しいなあ(笑)

DSC01429.JPG

ノドグロは他の地域ではなんというのでしょう・・・アカムツかな~?

帰って塩焼きで美味しくいただきました。

DSC01430.JPG

水カレイはこれだけ入って、1000円です。

これは、から揚げにして刻んだ玉ねぎとパセリをたっぷり乗せて、お醤油をたらすと最高です。

DSC01432.JPG

市場の横には関門海峡・・・

向こう岸に見えるは、九州は門司です。

DSC01438.JPG


唐戸市場     山口県下関市唐戸町5-50   TEL:083-231-0001


2010年 7月24日 山口県・角島(つのしま) [観光【山口】]

一の俣温泉を後にして、前から訪れたかった角島へ [車(セダン)]

角島は山口県の北西端に位置し、北長門海岸国定公園に属する周囲約17キロほどの島です。

DSCF1016.JPG

2000年に1780㍍の角島大橋が開通し、それまで船で行き来するほか無かったのが車で往来できるようになって、一気に観光地として脚光を浴びるようになりました。

今まで車関係CMでは、レクサス三菱ギャランスズキスイフト等のロケに使われ、その景観の素晴らしさがうかがえますね~[exclamation]

この日はお天気にも恵まれ、海の青さを満喫することができました。

DSCF1022.JPG

橋の中間ぐらいに2台分程の駐車できるスペースが設けられていて、周りの海が一望できます。ここは絶好の撮影スポット[ぴかぴか(新しい)]

DSCF1024.JPG

橋の下をのぞくと思いの他海は浅いようで、海女さんたちが貝を採っている姿が。

DSCF1026.JPG

 

角島入口の売店でお聞きした、食事処「おおはま」で食事をとることに[グッド(上向き矢印)]

DSCF1027.JPG

DSCF1030.JPGアナゴの天ぷら定食 金1050円

DSCF1031.JPG

 

 

 

 

         アラ炊き定食金1050円

着いた時間はお昼食には遅い時間でしたが、店内はいっぱいで親子連れの海水客なども見られました。

 

島の一番奥に位置する、角島灯台がある角島灯台公園

DSCF1042.JPG

明治9年にイギリス人によって設計起工され、日本海側最初の石造り灯台として点灯し、なんと現代でも現役だとの事[ひらめき]

灯台の横には遠浅のコバルトブルーの海が広がる夢崎波の公園があり一帯にはハマユウ(浜木綿)、別名ハマオモト(浜万年青)が群生しており、目を楽しませてくれました[わーい(嬉しい顔)]

DSCF1034.JPG

DSCF1039.JPG

DSCF1038.JPG

DSCF1040.JPG

 

 

 

 

 

 

 

角島には他にこの島の出身で女流作家の、中本たか子文学資料館映画四日間の奇跡」のロケセットなど見たいところもありましたが、湯本温泉までどうしても回りたかった為、再訪を誓い早めに現地を後にしました。


山口県下関市豊北町大字角島
観光【山口】 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。