So-net無料ブログ作成
観光【鹿児島】 ブログトップ

2010年9月25日 AZはやと店 [観光【鹿児島】]

妙見温泉から今日の宿に向かう途中、連れがどうしても立寄りたいところがあるという・・・。

道の駅だけではないんやなぁ~。

DSCF1732.JPG

AZは1997年に、過疎地である阿久根市に一号店がオープン。

20,000平米、横幅200㍍・奥行き奥行き100メートル、取扱品目なんと30万点という常識ではありえない店舗を24時間営業で開始・・・。

ありとあらゆる商品を取り扱い、特に高齢者はここ一軒ですべての買い物がそろうように配慮され、片道100円の送迎バスや体の弱い人には購入商品を玄関先まで運んでくれるなど、新しいビジネスモデルのスーパーとしてマスコミにも大きく取り上げられている。

今日訪れたのは、隼人町にある3号店。

さっそく店内拝見・・・。

DSCF1734.JPG

広すぎて向こうが見えんし、どっから何を見ていいもんかも分からんけど、とにかくぶらぶらしてみます。

DSCF1735.JPG

うあっ、仏壇まで置いてあるし・・[がく~(落胆した顔)]

DSCF1736.JPG

 本屋があったり、自転車売り場があったり、カー用品まで品ぞろえ。

DSCF1737.JPG

DSCF1738.JPG

DSCF1739.JPG

シカシ、ビックリしたのは・・・。

DSCF1742.JPG

車まで売ってるやないの~・・・クルマヤさん、カワイソウ[もうやだ~(悲しい顔)]

まあ、そのほかにも釣り具売り場、ゴルフ用品や薬局など数えきれない品ぞろえで、ここですべて紹介などしきれません。

DSCF1744.JPG

DSCF1745.JPG

DSCF1746.JPG

DSCF1747.JPG

そして鹿児島といえばなんといっても焼酎、すごい品揃えです。

名物のキビナゴの刺身でいっぱいやると、お父さん大満足間違えなし[ムード]

DSCF1749.JPG

DSCF1753.JPG

まあ一時間程の滞在では、何が何やらとても見きれるもんやないし・・・。

30分ほどでオジサンは疲れて椅子に座ってましたが、こんな時もおばさんはパワー満開・・・何とか説得して一時間で済んでよかった~。


鹿児島県霧島市真孝   営業時間:24時間


nice!(68)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2009年10月3日 丸尾滝・高千穂牧場 [観光【鹿児島】]

霧島温泉郷から霧島神宮方面に移動中、いきなりきれいな滝が現れました。

丸尾滝 (2).jpg

丸尾滝.jpg

夜はライトアップされて幻想的な風景になるとか[グッド(上向き矢印)]

滝のそばに近づくとなんと[exclamation]・・・温泉の匂いがするそうです。

温泉の水が流れ込んでいるのだとか。

 

 

次に訪れた高千穂牧場[車(RV)]

高千穂牧場.jpg

売店を散策・・・。

高千穂牧場 (3).jpg

高千穂牧場 (5).jpg

お土産は一番の売れ筋というチーズケーキ[るんるん]

手で触ると焼き立てでアッツアツ・・・帰って食べると甘さ控えめだけどチーズの匂いが良くておいしかった[exclamation]

高千穂牧場 (4).jpg

42haの広大な敷地には売店の他、レストランや牛舎・めん羊舎、それとたくさんの牛や羊が放牧されています。

高千穂牧場 (6).jpg

高千穂牧場 (7).jpg

高千穂牧場 (8).jpg

高千穂牧場 (9).jpg

子供たちは、動物と直接触れ合う体験ができるようになっていてお勧めです。

普段ストレスを抱えた大人だって癒されること間違いなし[exclamation×2]

高千穂牧場 (10).jpg


丸尾滝

鹿児島県霧島市牧園町高千穂丸尾


 高千穂牧場

宮崎県都城市吉之元町5265-103  TEL:0986-33-2102

URL:http://www.takachiho-bokujou.co.jp/


nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2009年9月19日 鹿児島・霧島神宮  [観光【鹿児島】]

湯之谷温泉を後にして、霧島神宮に参拝です。[グッド(上向き矢印)]

ウィキペディア(Wikipedia)によると、「欽明天皇(在位539年~571年)慶胤(けいいん)なる僧侶に命じて高千穂峰と火常峰の間に社殿が造られたのが始まりとされる。しかし、火山の麓にあるという立地のためたびたび炎上する。天歴年間(947年~957年)には性空により瀬多尾越(現在の高千穂河原・古宮址)に遷されるが、ここもたびたび噴火の巻き添えで炎上する。文明16年(1484年)、島津忠昌の命により兼慶が再建したのが、現在の霧島神宮である。但し、建物はその後も幾度も炎上し、現在の社殿は正徳5年(1715年)、島津吉貴の奉納により再建した物である。」

現在の場所に落ち着くには、大変な変遷があったことがしのばれます。

霧島神宮 (2).jpg

本殿の近くには、樹齢800年というご神木が・・・。[exclamation×2]

霧島神宮 (4).jpg

霧島神宮.jpg

この他にも樹齢数百年の木々に囲まれ、不思議な感覚にとらわれてしまいます。

霧島神宮 (3).jpg

お参りをすませ、妙見温泉に向かいます。[車(RV)]

〒899-4201
鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
TEL:0995-57-0001

 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
観光【鹿児島】 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。